チェコのガラスボタン仕入れ

仕事

高級感を出すための仕入れ

ヴィンテージボタンを見ているうちにガラスボタンに興味が湧いた

チェコガラスボタン
「フィードサックの仕入れ」
前回、フィードサックの仕入れについて書いたんですけれど、仕入れたものはフィードサックの他にもヴィンテージのボタンが結構ありました。
ボタンはプラスティック素材だけではなくて、カゼインボタン(牛乳由来の樹脂素材)やガラスボタン、陶製や木製のものなどさまざまでしたが、どれも現代のボタンではちょっと見かけないようなペイントだったりデザインで目を惹くものばかりでした。

お値段も薔薇のカゼインボタンが2個で3,000円で売れたりして、それなりにいいお値段が付いたんです。
それで調べていくうちに、チェコのガラスボタンがかわいいと思って、これを仕入れできないものかと考えるようになったんです。
チェコが世界的に有名なガラスの産地らしいんですよね。
わたしも彫金のアトリエで簡単なガラス玉やトンボ玉を作っていたので、素材としてのガラスはきらいじゃないです。

けどチェコって・・・。
行ったこともないし言葉も分からないところで、もしもいきなり行ったりしてそれでガラスボタンにたどり着けるかわからなくて、しばらくネットを見ながらため息ついていたんです。

チェコへのルート作り

ネットと言えばうちの店では2000年にノートパソコンを買って持って歩いていたんです。
お店のホームページを作ってネット通販したいと野望を持っていたんですけれど、経理のソフトが高かったので「アクセス」と言うデータベースのソフトをパソコン屋さんで勧められてしぶしぶ買ったんですけれど、このアクセスがクッソ難しくて経理とか日計表とか商品台帳などのデータベースを一通り作るのに1か月以上かかって、もうそこでわたしの意欲はブツッと途切れて、自前のホームページを作るのはあきらめてしまった頃です。
ネット接続はテレホーダイの時代ですね。

チェコガラスボタン【244】(1個入り)丸型23mm(1408/10/05 グリーン/ゴールドクローバー)

価格:495円
(2023/8/6 20:23時点)
感想(1件)


ネットでチェコボタンを探していたら、「ジャイカ」みたいな名前のスモールビジネスの輸入をサポートする国の機関みたいなものを見つけました。
登録もそれほど書類とか必要なわけではなかったので、登録してみたらいたんですよ、チェコのガラスボタン輸入のアレンジをする人が。
その人にお任せして輸入できるようにしてもらったんですが、おまかせ100個で35,000円くらいだったので注文しました。
日本語でやり取りしていたので、お嫁に行った日本人がサイドビジネスでやり取りをしていたんじゃないかと思います。

まとめ

チェコ側でも日本でガラスボタンは良く売れると踏んだんじゃないですかね。
3年間ぐらいボタンは注文したんですけれど、ある日メールをしても返事が来なくなって、ネットでその人をちゃー探ししたら、自分で日本人向けボタンのウェブショップを開いていました。
お値段も倍以上になっていたのでお店は見つけたけれどなにも買えませんでした。

(Visited 38 times, 1 visits today)
仕事
スポンサーリンク
けろ
この記事を書いた人
けろ

沖縄移住35年のアラカン女子です。
札幌出身です。
あんまり深刻に考えていない糖尿病患者です。
腎臓も悪くて。
けど毎日の元気をお届けします。

けろをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けろをフォローする
あたびちゃーアタック

コメント

タイトルとURLをコピーしました